頭皮のマッサージで若返り美容

 頭皮のマッサージで若返り美容 

加齢と共に肌にはしみやしわが多くなって
嫌でも肌が老けてきたと思うようになる
機会が多くなるものです。

誰でも年を取るものであり、若いころに比べると
肌のハリがなくなってきたと気になる時期が訪れるものです。

国内には、様々なエステやクリニックがあって、
若返りにいい美容施術を受けることができるようになっています。

エステのネックは施術費用が高いことです。

ちょくちょく出かけるには、出費が多きすぎるという人が多いようです。

自宅でマッサージケアができれば、金銭面の問題も解決しますし
気軽に取り組むことが可能です。

どんなやり方でマッサージをすれば、
家庭でのケアで肌の若返りがはかれるものなのでしょうか。

頭皮の部分がたるんでいることで
顔全体がたるんで見えている可能性もあるようです。

一見、顔には関係が無いと思われる頭皮をケアすることで、
顔の肌ケアにもつながるのです。

頭をマッサージして、地肌の皮膚をやわらかくほぐすことで
血液が頭にまで巡るようになります。

頭の皮膚に留まっていた老廃物を排除したり、
血流を促進して栄養が行き渡るようにすることも、
頭皮マッサージの利点です。

即効性という意味では少々心許ない部分がありますが、
毎日続けることで若返り効果が期待できます。

お肌のしわやたるを取り除き、若返りに役立てるためには、
頭皮のマッサージなどて血液の循環をよくすることです。




顔のタルミを取りたいと考えている方には
気になる肌のタルミを取ることができるテープの使用がおすすめです。

顔のタルミ取りテープは、人気の美容商品として多くの人に利用されているそうです。

皮膚がたるまないようにテープを使って
皮膚を固定するという方法であり、やり方自体は難しいものではありません。

皮膚のタルミが緩和されると、それだけで見た目のイメージはがらりと変わり、
若々しい見た目になることができます。

テープを貼っている部分は、髪で少し隠すようにすれば、

透明なテープはわかりにくくなりますので、心配はありません。
タルミ取りテープを使うことで、皮膚をキュッと引き締めることが可能になります。

日々継続して貼ることにより、顔のラインが修正されて
徐々に位置が固定されてくるという仕組みです。

日中の生活している間に、肌はいろいろなダメージを受けますが
睡眠している間に肌は回復するようになっています。

眠っている間、お肌を回復させている時に、
タルミ取りテープをつけておくと、引き締め効果が得られます。

皮膚のリカバリー能力を高めるために、タルミ取りテープを
寝ている間の皮膚につけておくという方法は、おすすめです。

お肌への負担が少ない、空気をよく通す材料でつくられているテープですので、
数時間貼りっぱなしにしていても特に問題は起こりません。

タルミの目立つ皮膚を引き締めるため、タルミ取りテープで皮膚を固定して、
すっきりとした若々しいお肌を目指してはどうでしょう。



年を重ねる度に深刻になっていく肌トラブルの一つとして、タルミがあります。

鏡に映った自分の顔にタルミが目につくようになってきたことが、
コンプレックスになっている人もいます。

お肌のタルミを除去し、皮膚を引き締めることができれば、
気持ちの上でも若さを取り戻すことができます。

皮膚のタルミがなくなり、悩みもなくなれば、
生き生きとした暮らしができるようになり、ポジティブになります。

年をとると、筋肉の力が弱くなって
皮膚を支えきれなくなり、タルミの原因になります。

お肌の筋肉が弱まってしまうことに対しては、顔面の筋肉を筋トレで鍛えたり、
マッサージをして血流をよくすることです。

また、皮膚の深層で生成されているコラーゲンの量が少なくなることで、
皮膚の弾力が失われ、タルミが目立つようになります。

基礎化粧品を用いて、コラーゲンの多い皮膚になることが、
タルミ対策になります。
基礎化粧品には様々な美容成分が配合されており、
皮膚の中のコラーゲンがより多くつくれるように効果を発揮してくれます。
ハリと弾力を高めるためには、お肌に用いるスキンケア用品には、
ルチノールや、ビタミンC誘導体を含むものがいいでしょう。

今、自分が使っている基礎化粧品には、細胞間脂質セラミドや、
保湿成分ヒアルロン酸が含まれているか見直してみましょう。

タルミのない、すっきりと引き締まったお肌になりたいという人は、
いつも使っているスキンケア用品の成分を確認し直してみましょう。
タルミ.jpg




posted by ぺり- | Comment(0) | お肌・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

どんなシャンプーがいいか教えて? 「どんなシャンプーがいいか教えて?」 シャンプーの良し悪し シャンプー選びのポイント

シャンプー選び「良いシャンプー悪いシャンプーの見分け方」

どんなシャンプーがいいか教えて?

良いシャンプ−と悪いシャンプ−の
見分け方

大手の汎用性シャンプーから、名の知らないシャンプーまで、

世の中には星の数ほど多くのシャンプーがあります。

それだけ人それぞれ好みが違うと言えますし、

もっといいモノがないか探している方が多いとも言えます。

「良いシャンプー悪いシャンプーの見分け方」と題し、

私共が学んできたシャンプーのイロハをお伝えすることで、

シャンプー選びの指針の一つになれば幸いです。


良いシャンプー.png
自分に合ったシャンプーを使いたいという
「1人1本化」現象が進行!


1 家族で1本から、一人ひとりがそれぞれの好みで選ぶ
「マイシャンプー化」が加速。


2 価格の高い「高機能商品」に手が伸び、
このジャンルだけ年々売上増。


3 宣伝力のある華美なパッケージの大手メーカーより、
「特長のあるシャンプー」を目指す中小メーカーが台頭。


4 30代後半〜50代女性のロングヘアが増加。
「頭皮・ハリコシ・うねり防止・毛先ケア」の4点機能シャンプーが大人気。



「どんなシャンプーがいいか教えて?」

ズバリ、シャンプーの良し悪しは何で決まるのか?

シャンプーは髪、頭皮の汚れを取るもの。

だからシャンプーの良し悪しの判断は
どんな洗浄成分(界面活性剤)を配合しているかが重要。

洗浄剤は大きく「アミノ酸系」「石けん系」「高級アルコール系」に別れます。

シャンプーは洗浄成分が(水以外で)一番多く
成分表示順では水の次でどの製品にも2〜4つの記載があります。
この洗浄剤の選択によってシャンプーの質感がかわってきます。


            刺激度合       泡立ち          洗い上がり

アミノ酸系         〇          △             〇
界面活性剤      低刺激     使い始めは要2シャン     柔らかい


石けん系         △          〇             ☓
界面活性剤      中刺激        良い            ギシギシ


高級
アルコール系       ✕           〇             △
界面活性剤      強刺激      かなり良い           バサバサ
                                (サッパリするという人も)




アミノ酸系
界面活性剤

「ココイル〜」「コカミド〜(ヤシ油脂肪酸)」

「ラウリン酸」「ミリスチン酸」「ラウロイルメチルアラニンNa」など

・地肌や髪と同じ成分なので、敏感肌や乾燥肌の人でも安心

・洗浄力は弱いというより「優しい」。汚れや余分な皮脂だけ落とす

・カラーの色持ちもよく、生分解性がよく環境にも優しい




石けん系
界面活性剤

「石けん分」「石けん素地」「脂肪酸ナトリウム」

「脂肪酸カリウム」「ラウリン酸ナトリウム」「ラウレス-3酢酸Na」

・石けんはアルカリ性なので髪がギシギシ・ゴワゴワになりやすい。

・アルカリ性のため、カラーの色落ちが目立ち、パーマ持ちも悪い

・高級アルコール系ほどではないが洗浄力が強い



高級
アルコール系
界面活性剤

「ラウリル硫酸〜」「ラウレス硫酸〜」「アルキル硫酸〜」
「パレス硫酸」「硫酸塩ラウレス」「スルホコハク酸ラウレス2Na」
「オレファン(C14−16)スルホンサン」

・「高級=炭素数が多い」という意味。炭素数が多いほど泡立ち、

洗浄力が強い。皮脂を過剰にとるためシリコンとの組合せが多い。

・安価に大量生産できる。消費者は安く手にいれられるハズ?





シャンプーの構成成分シャンプーの構成成分

配置順はどのシャンプーも
こんな感じです。

(0)水が一番多く75%以上。

(1)洗浄剤である界面活性剤が20%ほど。残りの5%で

(2)増泡剤

(3)増粘剤

(4)コンディショニング剤

(5)防腐剤

(6)香料となります。

よく○○成分配合とうたっていますが、

どんなに良いコンディショニング剤(トリートメント成分)が
配合されていてもシャンプーに占める割合は1%あるかないか・・・。



使っている洗浄剤が違うだけでこんなに
お肌と髪への影響が違ってきます


肌への残存性 残りやすく悪い
12345678.png



NMF(天然保湿因子)の溶出 溶出しダメージに

1234567.png


NMF(天然保湿因子)の溶出 (p Hの違い)

123456.png
洗浄剤は、「アミノ酸系」がとても優秀で、
間違いなくイチオシです!


一番オススメしたいアミノ酸系、
でもアミノ酸といっても種類は色々です。

表示成分には法則があり、それは「使っている量が多い順に書く」ことです。

シャンプーは「水」の次にくる2〜5つ目が洗浄剤で、
この洗浄剤でシャンプーの方向性・特性が決まります。


仮に「髪にイイ○○成分が配合」とアピールしてても

その成分は最後の方にあって、
シャンプーにほとんど影響が無いなんて物がたくさんあります。

それよりも、アミノ酸洗浄剤を選択することが
一番大事どれも低刺激&マイルドです。
シャンプー.png
(しっとりタイプ)


ココイルグルタミン酸Na
ステアロイルグルタミン酸Na
ココイルグルタミン酸TEA
ラウロイルグルタミン酸Na


適応

損傷毛、乾燥毛、デリケート毛


弱酸性で、皮膚や目に対する刺激が少ない
カラーの退色は少ない。
高価である洗浄力が優しい(やや弱い)。
コンディショニング性が高く、乾燥の強いダメージ毛に適した洗浄剤。

シャンプ2.png
(さっぱりタイプ)


ラウロイルメチルアラニンNa
ココイルメチルアラニンNa


適応

損傷毛、デリケート毛

洗浄力、泡立ち共に中程度で、さっぱりと洗い上げます。
グルタミンより洗浄力や泡立ちは良いです。

シャンプー3.png
(さっぱりタイプ)


ラウロイルサルコシンNa
ココイルサルコシンNa


適応

損傷毛、デリケート毛


皮膚や髪(特にキューティクル)に対する刺激が低いが高価。
グルタミンより洗浄力や泡立ちは良い。
適度な洗浄力と静菌性があり、ボディーソープ、歯磨き粉にもよく使われる。


シャンプー4.png
(さっぱりタイプ)


ラウロイルメチルタウリンNa
ココイルメチルタウリンNa


適応

損傷毛、デリケート毛

含硫アミノ酸というタウリンからできていて、AMTとよ
ばれている。
髪、皮膚い対する刺激は少なく、カラーの退色も少ない、
などの特徴があります。

シャンプー5.png
(しっとりタイプ)
そしてアミノ酸より分子利用が大きいPPT系洗浄剤というものもあります。

ココイル加水分解コラーゲンNa
ラウロイルシルクアミノ酸Na


適応

損傷毛、乾燥毛、デリケート毛

コラーゲンやシルク等のタンパク質を加水分解して得られる
ポリペプチド(PPT)を元に作られています。

髪、皮膚に優しい低刺激性。高価、洗浄性・起泡性は弱い。
カラーの退色も少ない皮膚・髪の蛋白質と似ていてコンディショニング性が高い。
毛髪補修効果にも期待。ただ、流しが甘いとカユミを感じる人も・・・。


もうひとつ、両性界面活性剤もご紹介します。 コカミドプロピルベタイン
ラウラミドプロピルペタイン
ココアンホ酢酸Na
ラウロアンホ酢酸Na


適応

損傷毛、乾燥毛、デリケート毛

目、皮膚に対して刺激が弱く、やさしいのでベビーシャンプー等に使用、カラーの退色は少ない。



posted by ぺり- | Comment(0) | 髪のいろいろ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

業界初アトピーや敏感肌などのかゆみに直接働きアトピーでお悩みの方のための保湿クリーム

業界初のかゆみの原因である黄色ブドウ球菌にピンポイントで働く、
抗体入りのダチョウ黄卵エキスを配合した美容クリームです。

アトピーや敏感肌などのかゆみに直接働き、お肌を掻くストレスから解放し、バリア機能の再構成を促します。

また弊社は愛知県を中心に17店舗エステサロンを経営しております。
成分や、クリームの塗り心地、伸びなどにもこだわりました。

■使用方法
お風呂上がりや洗顔後、基礎化粧品の最後に。
水仕事の後のハンドクリームとして。
身体のカサカサ部分などに。
お肌が少しかゆいな、という時に。

■成分
水、グリセリン、スクワラン、BG、オリーブ果実油、シア脂、ヒマワリ種子油、ミツロウ、カンテン、
水添レシチン、ステアリン酸グリセリル、ステアリン酸グリセリル(SE)、ダチョウ卵黄エキス、
ユズ果実エキス、カワラヨモギ花エキス、チョウジエキス、カプリル酸グリセリル、キサンタンガム、
ステアリン酸、トコフェロール、アルギニン、カプリン酸グリセリル、ラウリン酸ポリグリセリル-2、
ラウリン酸ポリグリセリル-10

■使用推奨箇所
顔、デコルテ、手、肘、お尻、膝、足首、かかと、など





posted by ぺり- | Comment(0) | お肌・美顔 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする